株式会社ファーストリッチ投資顧問は詐欺?「本当」を知る

注意すべき悪徳投資顧問業者の実態

ファーストリッチ投資顧問以外にも様々な投資顧問会社がありますが、中には悪徳業者が紛れているケースもあります。
悪徳投資顧問業者の特徴を紹介していきます。

連絡が取れない

悪徳業者の特徴の一つに顧問会社や担当者と連絡が取れないことが挙げられます。
詐欺行為を働こうとする悪徳業者の中には音信不通になってしまうことがあります。
音信不通になるというのは、顧問契約を結んだ後に突然担当者と連絡が取れなくなってしまうことです。
悪徳業者に関わらないためにも契約を結ぶ前に問い合わせをして、会社側ときちんと連絡が取れるのか確認します。

公開されている電話番号が使われていなかったり、頻繁に電話番号が変わっていた場合は警戒するようにします。
連絡がきちんと取れても電話対応に問題がある業者も悪徳である可能性が高いです。
担当者の言葉遣いが乱暴だったり、サービスを過剰にアピールするような会社の利用は避けます。

勧誘メールが頻繁に来る

勧誘メールを確認する女性勧誘メールをしつこく送ったり、誇大広告をするのも悪徳業者の特徴になります。
しつこい勧誘は、会員に対して有料サービスを申し込むようにメールマガジンなどで繰り返し勧誘を行います。

質の高いサービスを提供している投資顧問会社の多くは過剰な勧誘をしなくても自然と利用者は増え、貴重な情報を提供してくれればリピーターも増加します。
しつこい勧誘を行うのは会社側が積極的に動かなければお客さんを集められないということなので、悪徳業者かもしれません。

誇大広告がある

投資顧問会社が金融関係のサービスを行うときには、金融商品取引法という法律によって広告に対する規制が設けられています。
事実とは違った内容だったり、不確実なことをあたかも事実のように宣伝するのは禁止されているのです。
株価の動きは必ず変動するもので、確実に利益が出るものはありません。
「誰でも儲けられる」「絶対に値上がり」など利用者が必ず得をするような内容になっているものは注意することが大切です。

金商登録をしていない

悪徳業者の被害にあわないためには金商登録番号をチェックすることも重要で、登録番号が無い業者は財務局にきちんと申請していないということが分かります。
投資助言を行うときには必ず財務局の許可が必要なので、登録番号が無いということは無許可で営業しているということになるのです。
また悪徳業者の中には嘘の登録番号をホームページなどに記載するケースもあるので、金融庁の公式サイトで許可や登録をしている業者一覧から会社を探します。
全く記載が無いときには悪徳業者なので、利用は控えるようにすると安全です。